年間行事


年間行事の一覧はこちら

note資料請求はこちら



1月1日〜 新年護摩祈祷祭
1月28日 初不動護摩(縁日)
2月3日 招福護摩祈願・節分豆まき・星供養会
3月彼岸中日 春 彼岸供養(先祖・故人・水子)
6月第3日曜日 閻魔 結願祭
8月15日 夏祈祷・万灯供養(先祖・故人・水子)
9月彼岸中日 秋 彼岸供養(先祖・故人・水子)
12月28日 納め不動(縁日)
毎月28日 不動縁日
要連絡 写経体験


年間行事の詳細

◆正月 護摩祈祷祭 (個人祈祷)  H30

護摩祈祷祭
 

期 間:

1月1日(月)〜8日() 9日からは予約制です。


祈祷時間:

▼元 日

0:00  10:30 11:30 13:00 14:00 15:00 16:00

▼2〜 5日

9:30  10:30 11:30 13:00 14:00 15:00 16:00

▼6〜8日

10:30 11:30 13:00 14:00 15:00 

赤字→混む予想


※開始時間15分前までには受付をお済ませ下さい(15分前より入堂)時間厳守にてお願い致します(電話受付不可)
1回の定員は受付順に40番までです。時間のご予約はお受け出来ません。


◆お札を申し込まれた当事者のみ、お堂へお入り下さい。

 ご家族やお知り合いの方は、外でお待ちください
◆一般参拝者はお堂には入れません。


願い事: (基本は身体健全ですが、方位・厄に当たっている方はそちらを…)
身体健全 厄除祈願 商売繁盛 家内安全 合格祈願 除災招福
学業成就 良縁成就 無病息災 因縁消滅 社内安全 安全祈願
心願成就 當病平癒 方位除祈願 八方難除 五黄殺気除 方災除
交通安全 道中安全 …企業用の祈願名と併せることが出来ます

 ※車のお祓い・安産祈願・初寺詣り・供養など個別のお祓いは、9日より予約制です。

祈祷料:5千円(36cm)・1万円(45cm)・2万円(51cm)・3万円(60cm)・5万円(90cm) 小札(21cm)に変更可能です。 
5千円札には1つの願い、1万円は1〜2つ、2万円は1〜4つまでです。


受付・レジが大変混み合います。

当山より案内が届いている方は、前もってご記入又は、お申込み下さい。


※期間中お越しになれない方は、専用の申込用紙にてお申込み下さい。
(祈願案内ページの資料請求より)
送料 12月28日までのお申込み(入金確認)→無料(代表者宛に送ります)
   12月29日〜1月8日→500円又は、着払いにてお送りします。
   1月9日以降→800円又は、着払いにてお送りします。
   (入金が確認できない場合は、代金引換にてお送りします)
 お札の発送は1月5日頃又は9日頃です。



《お守り売場の営業時間》
28日納め不動 午前10時〜午後4時
29日〜31日 お正月準備の為、業務はお休み
31日     午後11時〜1日午前2時(ご朱印は行っておりません)
 1日〜5日  午前9時〜午後5時
 6日〜    午前10時〜午後4時



お正月に朱印を希望される方
お正月の朱印は、基本朱印の4種類とご詠歌(貼付け用)のみになります。
お手伝いさん(1人)が担当します。お札・お守りの名入れと兼務しておりますので、お時間が掛かります。
受付時間は上記をご覧ください。混み具合によっては、時間前に終了することがあります。

◆正月 護摩祈祷祭 (企業向け祈祷)

期間・祈祷時間は個人祈祷をご参考に…


※開始時間15分前までには受付をお済ませ下さい。時間厳守にてお願い致します。
個人祈祷と一緒に行います。
1回の定員は40名までです。時間のご予約はお受け出来ませんので、お早めにお越し下さい。



◆本堂には代表者の方のみにお入り頂きます。
◆従業員の方はお1人1.000円にて、ご入堂・お神酒の奉戴が受けられます。


 

祈願名 (個人祈祷の祈願名と併せることができます)
・商売繁昌 ・交通安全
・社内安全 ・社内安穏
・企業安泰 ・企業繁栄
・収益増強 ・収益増加
・事業充実 ・事業繁栄
・実益向上 ・実績向上
・人材育成 ・目標達成


などなど、上記以外にもご希望の祈願名にてお札をお作り致します。



祈祷料(木札の料金)
・五千円木札(36cm) 願い 1つ
・一万円木札(45cm) 願い 1〜2つ
・二万円木札(51cm) 願い 1〜4つ
・三万円木札(60cm) 願い 1〜6つ
・五万円木札(90cm) 願い 1〜5つ

1万円以上の祈祷を申し込まれた企業名・代表者様名を境内に張り出します。
領収証を発行出来ます(個人祈祷・星供養と合算できます)


※期間中お越しになれない方には、ご祈祷後お札をお送りします(送料無料・1月6日より発送致します)

◆2/3節分祭

節分祭
節分祭
 厄年の方、年男年女の方、その外の方も厄除け・厄落としに、徐災招福の護摩祈祷祭に参加してみませんか? 午後3時より「栃木市マスコットキャラクター とち介」が来ます。

    定 員: 各10名程度

祈祷料: 1人…7000円・10.000円・20.000円・30.000円
 お札の準備に時間が掛かりますので、前もってご予約下さい。

       祈祷無しで豆まきのみ行いたい方は3.000円になります。
       但し、祈祷ありの方が優先、申込みはご来山のみ

1回目…午後2時頃  2回目…夜6時頃
祈祷後に豆をまいて頂きます
(ご自分の厄を蒔いて拾ってもらう訳ですので、蒔くお菓子等を持参頂いても構いません)


※ご予約は寺務所にて
予約無しで当日お越しになる方は、1回目の受付は午後1時45分まで、2回目は午後5時45分までます。


★スタッフのつぶやき…
・お正月同様、護摩祈祷を行います。
・節分のお札には南天(難を転じる)が付きます。
お正月にお越しになれなかった方、是非この日の祈祷をオススメします。

◆星供養会

星供養会
星供養会

 人は誰もが運命を左右する星に見守られながら一生を過ごします。毎年変わる白黒の星、新年を迎えると誰もが「今年は良い年で有りますように…」と願うものです。
本年の守護星を供養し、白星の方はより一層の飛躍と招福を、黒星の方は悪事災難を免れるよう供養しましょう。

料 金: 2000円・3000円・5000円(木札)・10000円(木札)
(お札の大きさにより異なります・選べます)


 ◎お申込は寺務所にて1月末まで、受け付けております(電話受付不可)

※星供養のお札は節分の日(真夜中)にご祈祷し、後日発送致します(送料無料)
何百体もの申し込みがありますので、発送までに1週間ほど掛かります。


星供養のお札について
星供養のお札は、供養を行った証としてお送りしておりますので、翌2月3日が過ぎましたら、ご家庭で処分できます。
お札の飾り場所は、祈祷札と同様です。

◆春秋 彼岸供養

彼岸供養
彼岸供養

彼岸会(ひがんえ)とは…梵語「波羅密多」の訳で、彼岸に到るという意味。迷いに満ちあふれたこの世、此岸(しがん)から悟りをえた世界、彼岸(ひがん)へ到る。
又、彼岸中は六波羅蜜の修行を行う期間とされています。「布施」「持戒」「忍辱」「精進」「禅定」「智慧」の六つの修行を、1日1つ行い中日はお休みし、先祖の冥福を祈り仏供養、墓参りをします。

 ご家族が明るく暮らせるよう、ご先祖さま(水子)を供養し見護って頂きましょう。
 宗派は問いません。是非、ご先祖・水子の供養をここにお勧め致します。

期 間:9月21日(木)〜24日() ※23日()住職不在です。
午前10時より午後4時

※当日受付順に供養を行います。時間の予約はお受けできません。
他の祈祷の予約が入っている場合は、お待ち頂くことになります。



供養料: 先祖供養料 1体…1000円 (◯◯家先祖代々・◯◯家初代)
故人供養料 1体…1000円 (戒名または生前名)
水子供養料 1体…1000円 (◯◯家水子・◯◯◯◯水子)
ペット供養料 1体…1000円 (ペット名・家名+ペット名)

◆三十三回忌を迎えていない仏様は、故人別に供養をする事をおすすめ致します。

◎寺務所にて随時受付ております。当日受付可能
 ネットからのお申し込みは、現在準備中です。資料請求をして下さい。


※期間中お越しになれない場合でも、経木塔婆に供養名を書き丁寧に御供養致します。(彼岸開けまでお申込下さい) 彼岸が明けてから供養の証(はがき)を送ります。



*豆知識*
  回忌法要は、亡くなった年を一年目と数えて三年目を迎える年に三回忌を行います。従って一周忌の翌年に三回忌となります。
その後は七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十五回忌、三十三回忌、三十七回忌、五十回忌、百回忌となります。三十三回忌を過ぎると「先祖代々」の供養に、まとめてしまう方が多いです。

◆6月第3日曜日 閻魔 結願祭(けちがんさい)−三途の川の橋渡り

閻魔さまの前で過去の行いを反省し、今後戒律を守ると誓う儀式です。
今までの罪を軽減して、いざあの世で閻魔さまに会ったときに、六道の内「地獄道」「餓鬼道」「畜生道」の三悪道に落ちないよう願います。

〜〜〜〜〜*☆お祓いを受ける方☆*〜〜〜〜〜
日 時: 6月18日() 10:00〜12:00 13:00〜16:00

お祓い料: 1人…3000円【誓願書(一文銭入りお札)・閻魔大王朱印】付
     当日受付可能 ご本人様に限ります(代理不可)

  一般の参拝は出来ません。

  スタッフからの一言
 極楽閻魔堂の完成を記念してできた行事です(今年が初めて)
年に一度、6月の第3日曜日に行います。
 閻魔さまの前まで、目隠しをしてご案内致します。
 参加2回目の方は、1回目のお札をお持ちください。中に入っている一文銭を新しいお札に入れ、2文銭が入ったお札になります。6回参加すれば六文銭になりますので、あの世に旅立つ際にはお持ちください。


◆8月15日 夏祈祷(千日詣り)

暑い夏を乗りきり、残り半年を無事乗り切れる様、無病息災・家内安全のご祈祷が行われます。
千日詣り…この日にお詣りすると、千日分お詣りしたのと同じご利益が有ると言われます

カード守…500円
火伏札(火災・災難除け)…500円

〜〜〜〜〜*☆お祓いを受ける方☆*〜〜〜〜〜
日 時: 8月15日(火) 午前10時より午後5時まで(4時頃までにお越し下さい)

祈祷料: 1体…3000円【お札・火伏(ひぶせ)札・カード守付き】
     家内安全か無病息災をお選び下さい(両方の場合は5000円です)

 当日、受付順にお祓いを行います。時間帯によっては混み合いますので、お待ち頂く場合があります。お札の準備に多少時間がかかりますので、前もってお申込ください(電話受付不可)
 資料請求はページ上部にあります。

  スタッフからの一言
 当寺のご祈祷は通常5000円からですが、夏祈祷は火伏札・カード守まで付いて「3点セットで3000円」と大変お財布に優しいご祈祷と成っています。
 15日にお越しになれない場合は、無料にて発送致します。
お盆が明けてから発送準備に入ります。


◆8月15日 万灯会 施餓鬼供養

お盆に迎えたご先祖さまの魂や水子の霊などを、ロウソクの灯りに託し、ご供養致します。併せて施餓鬼供養も行いいます。

@ろうそく供養(祈願) 1体… 1.000円(◯◯家先祖代々・故人・水子・ペット・願い事)
日時:8月15日(火)午後6時〜午後8時(雨天の場合は時間より早く終了する事があります)

A施餓鬼供養(塔婆) 1体…1.000円(◯◯家先祖代々・故人・水子・ペット)
日時:8月15日(火)午前10時〜午後5時(本堂内で供養を行います)
お一人様何体でもお申し込み頂けます。

 ◎お申込は@当日午後5時頃まで、A当日午後4時頃までにお願い致します(電話受付不可)


  スタッフからの一言
 ろうそく供養は、午後5時頃より献灯の準備に入り、あかりを灯し終わった午後6時半頃に階段下で、般若心経等のお唱えを行います。
 ご先祖さまの為に一緒に般若心経をお唱えしませんか?

◆写経体験

お経を書き写します。

■受付時間:午後10時〜午後2時

■受付:初回、要連絡。 作法の説明が必要か、写経のみかをお知らせください。

 ※12月〜2月は、お正月(節分)の受付・倉庫になる為、使用できません。
  写経所は祈願者の待合所になっています。

■納経料:般若心経…1000円(60分〜120分)
     舎利礼文… 500円(10分〜20分)
     十句観音経…500円(5分〜10分)
 (作法の説明・読経は+90分かかります)

■写経用紙は用意してあります。筆・硯・墨等は持参して下さい(筆ペン可)
正座をして書いていただきます(座布団持参可)

 写経を納めたい方
自宅などで写経を行った用紙をお預かりいたします。
 1枚…100円又は、1000円にて100枚まで。

▲PAGE TOP